読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逝った友人のアルバムに…。

私たちが中学生の頃、拓郎は神様だった。

そんな昭和30年も前半生まれの私たち。

近年は、

「拓郎が生きている内に、1回はコンサート行こうよ」

というのが合言葉のようになっていた。

なのに、その友のほうが昨年、急逝してしまった。

葬儀の場に飾られた友のアルバムには、『結婚しようよ』の頃の拓郎の雑誌の切り抜き写真がたくさん貼られていた。

あんなに拓郎が好きだったのに。

ラブラブ愛してる、スペシャルでやるらしいよ。

それについての拓郎のブログも拓郎節で涙がでるよ。

天国から日程間違えずにちゃんと観るんだよ!

でも、寂しいからって、まだ拓郎をそっちの世界に呼ばないでね。

楽しみだね。スペシャル。

吉田拓郎「無茶」消えキンキ、シノハラへの思い変化