読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誕生間近?

抱卵(ほうらん)‥

天窓の先、4〜5mの観える所に

[巣箱]を懸けた。

(誰が来るかナ?)と思っていたら案の定、

人間に一番近しい[ヤマガラ]が

すぐ翌日に二匹偵察に来て

その翌日には穴から侵入!

その後一羽(雄だろう?)がしきりに何か中に運び入れる。

そっと天窓から観察していると

運ぶのは大きな鳥の(落ちてる)

羽毛や干し草‥。

[営巣]だ!

ところが

あまり観過ぎた為か

その後何日も何日も気配が無い。

「見過ぎでこの巣を諦めたのかナ?」と

こちらが半ば諦めて居たところ‥

又昨日ぐらいから動きがあって

一羽がたまに何かくわえて来て

穴に入れる。

これは(多分)[抱卵]だ

何日間母親が卵を抱き続けるのか

分からないのだが、

ヘビなんかの食害に遭わず順調に

行けばやがて

赤ちゃんが誕生してくれるんだろう。

花の咲く[エゴ]の木の上

地面から5mほどの所、

でも夜には

ガンガン[歌声]や[ピアノ]で

うるさいで有ろう所に来てくれて

嬉しい・ありがとう!

こちらは(ほとんどの)生き物

を[家族]と思っているんだけど

向こうもそう思ってくれたら

幸せだ〜‥!

PS

ヤマガラは[山雀]と書く位で

大昔から(結構日本中)人間の近くに居る山鳥の様です。

明日から旅の屋久島より

発見家・健 未路(タケビ ミロ)