読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五月歌舞伎座 夜の部

16時30分開演 5月6日(土)所見

『壽曽我対面』 劇中にて襲名口上申し上げ候

 一応、今月の座組での総出演だが、梅玉丈は出ていない。襲名の大人の御三方は、なかなか張り切っている。新彦三郎、声が良く通る。ご子息、新亀三郎君も御挨拶。

 しかし、彦三郎という名跡は、劇中(実際には『対面』のすべてが終わってからの「口上」)で済ませるほどの、お手軽さなのか。などと、考えてしまった。

『伽羅先代萩』「御殿」、「床下」、「対決」、「刃傷」

 政岡、菊之助だが、これは楷書の出来。きっちりしているが、面白みは少ない。海老蔵の仁木弾正、凄みが増して怖い、怖い。ある意味では芝居を通り越している。しかし、観劇後の感想は、「全体としては軽いなあ。」であった。

『弥生の花浅草祭』

 新亀蔵松緑。開幕の「神功皇后と武内宿祢」は、いささか鈍いかんじであったが、さすがに「三社祭」では弾けた。新亀蔵にも、要所要所での役どころで、活躍してもらいたい。

 終演21時4分