読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々のはんまー参戦(前編)

(ア)「急場凌ぎだけど、これで行ける筈です」

(轟雷)「ありがとうございます。これならバトル可能です」

なごみ「アニメ第一話よろしくパーツがびょ〜んした時にはどうしようかと思ったけど」

まつり「そもそも、めいどはんまーなんだ。メイド服着せればだいたい解決する(爆)」

(轟)「その分、本来の武装が使用出来ない問題点がありますが」

なごみ「武装どころか手足も組み立てて無かったのを、先に完成していたマテリアから流用する鬼畜さ加減」

(ア)「ちゃんと適合してますか?」

(轟)「腰パーツの接合が不安定で…」

なごみ「そこ、自前;」

まつり「帰ったら残りも作ろう。その前に掃除だなあ…アーシェ、午前中の模擬戦の用意はいいか?」

(ア)「はい、そろそろ開始ですね。行って来ます」

なごみ「行ってらっしゃい。って、すごーい!ジャパリタンクだね☆」

まつり「他にも人形者と書いてフレンズが一杯だな。あっちでは決闘者のフレンズがブラマジ師弟を呼び出してる」

(轟)「あちらの機体、ハルクバスターですね」

まつり「ゴツいなぁ。味方でよかった。タイトルこそ『2017年はんまー4月場所・ミクロマンvs武装神姫vsFA:Gvsメガミデバイスはんまー』だけど、この位のサイズは全部OKみたいなもんだからな」

なごみ「プチッガイ幼女やSPT少女まで出てるよ。どんだけ入り乱れるんだろ」

(轟)「想像を絶するバトルですね」

まつり「毎度の事だけどな(笑)」

なごみ「後編に続くよ」