読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【介護】 お義父さんに手術が必要らしい

 12日水曜日に紹介状を持って受診した病院で、そのまま検査入院となってしまったお義父さん。

 

 昨日のうちに夫に病院から連絡があったらしい。

(※夫は義父の法定相続人だから、病院も夫や義弟には連絡をするんだろう)

「胆嚢炎、らしい。手術をした方が良いと言われた」

 一昨年亡くなった義母は、胆のうガンから肝臓や肺や腹膜にガンが転移していた。

 同じ食事を長らくしていた夫婦だから、お義父さんも≪胆のう≫なんだろうか?

 そんなことを心配してしまった私に、夫がイラついたように言った言葉にビックリ!

「昨年10月に≪正常圧水頭症≫で、シャント手術受けた後、どれだけ苦労してリハビリ計画を立てて、デイサービスや訪問リハビリを組み込んだと思っているんだ!」

「せっかく半年かけて、ようやくリハビリが動き出したって言うのに、元の木阿弥じゃないか!」

 えーーーーー ソコ

 夫が奔走(したと思っているらしい)して、ようやく動き始めた「お義父さんのリハビリ計画」がダメになるかも知れない=オレの苦労が水の泡になるかもしれない……とガッカリしていたらしい。

「夕べは眠れなかった。また退院してきてもう一度計画を立て直さなければならないかと思うと、喪失感がハンパない」

……ああ、そうですか〜

 お義父さんの病気の心配ではなく、退院後にまた計画を構築する負担を思っているのね〜

 なんだかなー

――つまり、夫はお義父さんが亡くなったり、寝たきりになるかもしれないってことは、一切考えていないんだなー、と理解した。

 うん。

 まー

 いいけどw

 実家にお義父さんが入院したことと、手術を受けるかもしれないことを伝えた。

「手術が決まったら、連絡する」

と言って、電話を切った。

 実家のことも気になるけれど、とりあえずはお義父さんだな〜

 あー

 疲れる。