読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【那覇地裁】2人の子供を抱き抱えて入水し1人生き残った鬱病女に懲役12年の判決

2児溺死さす

母に懲役12年

おととし読谷村の海岸で、子ども2人を抱きかかえて海に入り、溺れさせて殺害したとして殺人の罪に問われた母親に、那覇地方裁判所

「何ら落ち度のない被害者らを道連れにして自殺を図った身勝手な犯行だ」

などとして、懲役12年の判決を言い渡しました。

うるま市の無職伊藝なつき被告(31)は、おととし10月読谷村の海岸で、4歳の姉と10か月の弟の子ども2人を抱きかかえて海に入り、溺れさせて殺害したとして殺人の罪に問われました。

被告側は、うつ病の影響などで善悪を判断する能力が損なわれていたとして、執行猶予の付いた判決を求めたのに対し、検察側は精神的な問題は抱えておらず、 刑事責任を問えるなどとして、懲役15年を求刑していました。

22日の判決で、那覇地方裁判所の潮海二郎裁判長は

「当時、被告には精神障害があり犯行に影響した可能性は否定できないが、善悪を判断する能力に問題は認められない」

と指摘しました。

そのうえで

「幼い子ども2人の命が実の親によって奪われた結果は重大で、何ら落ち度のない被害者らを道連れにして自殺を図った身勝手な犯行だ」

として、懲役12年の判決を言い渡しました。

被告の弁護士は

「判決は精神障害の影響を過小評価している。

控訴するかどうかは、被告と話し合って決めたい」

としています。